2006年05月15日

シークワーサー

【素材解説 vol.10】
シークヮーサー

f01823.jpg


和名を「ヒラミレモン」とも言う。
その健康効果で一躍沖縄のフルーツとして有名に。
華道家の假屋崎省吾様もご愛飲されてるとか...?。

昔から芭蕉布の色止めとして使われていたそうで、
大宜味村や本部町伊豆味など織物で有名な場所は
シークワーサーの産地でもあります。
「シー」は酸っぱい。直訳すると「酸っぱい食べ物」という意味。

どちらかと言うと薬味に使われる事が多く、
醤油にたらして刺身を食べると美味。
ちなみに大きさはゴルフボール大。種もいっぱい。
なので、飲む程絞るのは重労働。痩せそうです。




*Fujii@Okinawan Style*
posted by オキナワンスタイル at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄素材の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。