2006年09月05日

島らっきょう

【素材解説 vol.23】
島らっきょう

   f00434.jpg

沖縄独特の小さめのらっきょう。
3月〜5月頃が旬の時期だそうで。白い根っこの部分を
塩もみ、天ぷら、チャンプルーなどにするのが一般的。

噛んだ時のシャキシャキ感が心地よく、
本土のらっきょうとはひと味違った食感は
居酒屋などのおつまみとしても大人気。

にんにくやネギなどの臭いのもと「アリシン」は
この島らっきょうに含まれています。
ま、カラダによさげなのは確かですが、
大事なクライアントと会う日などはご遠慮ください。

ちなみに見た目がかなり長ネギと似ていますが、
緑の葉部分は堅くてネギ代わりに使用はするのは、
すこしツライかもしれません...。




*Fujii@Okinawan Style*
posted by オキナワンスタイル at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄素材の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。