2006年12月01日

黒糖

【素材解説 vol.31】
黒糖(黒砂糖)

   f02101.jpg


そのまま食べたり、お菓子の甘み付けや、
料理にも活躍する沖縄料理には
なくてはならない調味料。

さとうきびの搾り汁を窯で煮て、
濃縮したものを固めて作るのが昔ながら。
その製法は中国から伝来したそう。

同じさとうきびからできる白砂糖は、
搾り汁を遠心分離機にかけて、結晶だけを
取りだしたもので、その過程でカルシウムや
ミネラルなどが除かれてしまうらしい。

ちなみに、おばーの家などには
ほぼ常備してあって、遊びに行くと
「かめー」攻撃を受ける避けて通れない食材。
今日も健康をありがとう...。




*Fujii@Okinawan Style*
posted by オキナワンスタイル at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄素材の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。