2007年01月26日

エイサー

【素材解説 vol.35】
エイサー

g00512.jpg


お盆の時期に、先祖の霊を供養するために
供される、ま、盆踊りのようなもの。

独特の衣装に身を包んだ地域の若者が
パーランクーと呼ばれる小太鼓や
中太鼓、大太鼓などを打ち鳴らし、
お姉様方が踊り、旗頭が旗をふり、
そしてちょんだらーが
おどけるというのが一般的。

この大人数でお送りの日に道を練り歩くのが
「道じゅねー」。お腹に響く程の太鼓の
音はかなり迫力があって見応えも充分。

最近では、観光地などのアトラクションや
エイサー大会なども催されて、
創作踊り的要素も大きくなっている。

ちなみにピエロ的存在のちょんだらー
各青年団によって演出やメイクも様々で楽しい。
きっと、マリリン・マンソンもビックリ(?)




*Fujii@Okinawan Style*
posted by オキナワンスタイル at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄素材の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。