2014年01月06日

関東&長野 2013-14

年末年始は、ゆた〜りにのた〜りと
関東&長野で家族と過ごしてきました。
今夜はそんなお話でも。

Korean.jpg
大晦日に羽田に飛んで関東在住の弟と合流。
2013年のラストディナーはなぜか
満場一致でいいね!ってなった韓国料理。

スタッフもお客さんも本場な方々ばかり。
料理はもちろん大満足だったのですが、
ビールを注文して10秒後くらいに出て来るあたり
都会の迅速さ(?)にやけに感動した...

P1000006.jpg

P1000009.jpg

P1000012.jpg
んで、お子の「友達が住んでるとこを
観てみたーい」的な意見もあり、元旦は横浜へ。

コスモワールド閉まってる〜っってことで...
赤レンガ倉庫〜山下公園をまずはお散歩。
天気よくてあったかくて、気分もほかほか。

赤レンガの重厚な扉にもだえる母。
..と見せかけて、お子にカメラを向けると
大概そっぽ向かれます...涙。

MarinTower.jpg

P1000015.jpg
そんなこんなありつつ、再生したマリンタワーへ。
道路も遠くの港のクレーンも臨場感ばっちり。
この昭和的な高さ具合、だいぶいいな〜。

P1000017.jpg

P1000016.jpg
流れでごはんは中華街へ。
お子が好きな小龍包含め、アレコレ。
みんなでシェアして食べるとおいしさ倍増。

四川料理のお店だったので、マーボ茄子も注文。
チャーハンにかけて食べる
勝手にアレンジもめちゃウマでした。

P1000019.jpg
ごはんの後は、中華街の
トリックアートミュージアムへ。
ここでは、快く撮影協力のお子...笑。
母もやたら楽しんだっ〜っ。

P1000027.jpg

P1000029.jpg
ホテルに戻る途中、いい感じの時間帯だったので
恵比寿ガーデンプレイスのイルミへ足をのばす。

七色に輝くバカラのシャンデリアが
まさにごーじゃす〜でござりました。

P1000035.jpg

P1000036.jpg

P1000031.jpg
翌日は長野の湯田中温泉に向けて、
新しくなった東京駅へGO!

せっかくなので、早めに行って東京駅を散策。
レトロな雰囲気の丸の内側の外観とかなり都会な
周辺&駅構内のギャップがスゴい。
入口の天井も圧巻でした。

P1000041.jpg

P1000050.jpg
長野新幹線&長野電鉄を乗り継いで
えっちら電車の旅も楽し。

P1000048.jpg

P1000042.jpg

P1000043.jpg
東京駅の驚くほどの駅弁ラインナップから
迷いに迷って買ったタイ飯も満喫。
窓からの景色をガン見しつつ、、、
山々と一面の雪景色も味わい深し。

P1000053.jpg
終着駅の湯田中にて。
お子は物心ついて以来の初雪と
氷点下気温を体験でテンション上がりまくり。

P1000056.jpg

P1000063.jpg

P1000057.jpg

P1000066.jpg
この日のお宿は「よろづや
古き良き昭和テイスト満載で感動しきり。
撮影禁止だったのですが、桃山風呂の
脱衣所とか露天とか、とてもいい感じで
癒されまくりました〜。

P1000058.jpg

P1000061.jpg
お湯&長野の名酒「真澄」に酔い
見事に写真撮るの忘れた夕食は、そばや和牛しゃぶなど
長野の特産品も並び、華美かつ美味。

翌朝は気合いで早起きして温泉につかり、
沖縄では絶対に見れない雪景色や山々も
目に焼きつけました。

朝食の福がたっぷりな一皿も、
ありがたくごちそうさま〜。
みそ味のお雑煮も初体験でしたが
信州みそ、おいしかったなぁ〜!

P1000070.jpg

P1000072.jpg
こんな場所にこもって、私小説などしたためてたら、
ステキな殿方とかにも出会っちゃうかもな...
そんな昭和な妄想など膨らませ、後ろ髪
引かれつつも帰路へ。

湯田中駅の雰囲気も映画の一場面のよう。
帰りに気づいたのですが、線路下には
お湯が流れてるし、駅の脇に温泉もありましたよ。
やっぱ一泊では残念すぎて、ぜひまた行きたいっ。

P1000077.jpg
お天気に恵まれた3泊4日。
帰りの羽田では飛行機の背後に
初日の出ならぬ、神々しい初夕日も
眺めることができました。

さってと。楽しい時間は駿足。
もっと続いて欲しいなぁ〜、
またこういうひとときが味わいたいなぁ〜
と思うからこそ、アレコレ
頑張れるのかも知れません。。。

ということで、
本日より今年のお仕事もスタート。
今年も歩んでゆくとしましょーか。


*Fujii@Okinawan Style*
posted by オキナワンスタイル at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | で、物見遊山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

関東いとをかし2012-13

12/30〜1/2の日程で、
この年末年始も弟が住む関東へ。
今日は、そんな物見遊山のお話など。

ちなみに今回、4日間を
一気に網羅してみたので、長いです。
お時間のある時にでも〜。

DSC_8558.jpg
沖縄・東京ともに雨模様だった30日。
乗ったわけじゃないけど、
那覇空港でJTA&美ら海水族館コラボの
ジンベエジェットに遭遇。
けっこうお茶目な機体でした。

DSC_8575.jpg
ゆっくり目の出発だったので、
ホテルに着いたのは午後の遅い時間。
新しい東京駅を見に行きたいね〜と
話してたのだけど、けっこうな雨だったので、
宿泊先の品プリからすぐの
エプソン品川アクアスタジアムを覗きに。

DSC_8570.jpg
ペンギンがいたり、東京湾の
(おいしそうな...)魚が泳いでたり、
擬態が見事なオモシロいヤツがいたり。
何より室内でイルカショーを
やってて、都会だなぁ〜と思ったり。
(写真撮れなくて〜 汗。)

その後、お子とボウリングやりたい〜と
盛り上がったのだが、残りのメンバーに
軽くスルーされ、すごすごと夕食へ。

DSC_8604.jpg
ホテルの中の居酒屋?風なお店。
毎回、この時期の旅の難点は、
新鮮さがウリのメニューがほぼ全滅ってとこ。
鮪のカマ焼きとか食べたかったけど〜。
ま、でも、ざる豆腐などつまみつつ、
久々に弟と交わす会話も楽し。

DSC_8609.jpg
翌31日のホテルの窓からの景色。
品川駅にしろ、周辺の道路にしろ、
ま〜、閑散としてます。

朝食後、今回のメイン目的である
伊豆で温泉つかるぞ!ツアーに出発。

DSC_8623.jpg
雲がちではあるけど、晴れたこの日。
ちと遠回りして、御殿場の
アウトレットモールへ。

富士山のでっかさを満喫しつつ、
キッチン雑貨など購入。

靴フェチ、鞄フェチな母さんは、
もっかい戻りたい店もあったけど、
だいぶ周りに退屈モードが漂ってたので、
この続きは次回かな。。。テへ。

で、天城越え途中の河津ループ橋
かなりの感動を憶えながら、
宿泊先の伊豆今井浜東急リゾートに到着。

全室オーシャンビュー。
露天もそれなりにあり。
夕食もゴージャスでした〜。

ちなみに、コノ夜の紅白で、
「天城越え」by 石川さゆりを観て、
なんかテンション上がってたお子。。。

DSC_8673.jpg
元旦の朝。6:51あたりの今井浜で初日の出。
実は、元旦どころか、日の出を拝むなんて
この年にして始めて(自称:カメラマン。。。)
なんですが、心が洗われました。

DSC_8698.jpg
その後、自分で作らず、後片付けもせずな
ありがたし&おいしいおせち料理を堪能。

DSC_8710.jpg
して、ゆるゆると伊豆アニマルキングダム
出かけてみました。
シマウマやキリンやゾウやシカや
あらゆる動物が、放し飼いされてる
アニマルゾーン。

DSC_8749.jpg
そのほか、ホワイトライオン
(夜行性につき爆睡中...)や、
チーターに孔雀など、あったかい一日で
みんな気持ち良さげ。

DSC_8772.jpg
ひなたぼっこ中のミーアキャット

DSC_8779.jpg
爆近なキリン

River hog
まったりカピバラ

Raccoon
めちゃ、いい感じな構図に
収まってくれたアライグマ

Smiling owl
笑うフクロウなどなど。

DSC_8810.jpg
ちなみにこちらはプレイゾーンもあり。
どれも素朴で味わい深い感じ。
たまに、ちょい本気にコワい?的なのも...
いろんな意味で楽しかった〜っ!

DSC_8905.jpg
で、その後は、下田海中水族館
なぜか、水族館多々な今回ですが、
ここのイルカは、かなり間近で見れて
しかもレベル高し!

出口に向かう途中の通路沿い、
飼育員さんやトレーナーもいないのに、
水辺に顔を出して見送ってくれる
イルカにはかなりビックリ。

Jellyfish
あと、クラゲもキレイ。
ホアホワゆったり透け透け〜で、
癒されたわ〜。

DSC_8922.jpg
最終日は、横浜で遊んでから〜の空港と
意気込んでたのだけど、途中だいぶ渋滞。
たどり着くまでに5時間かかり、
むしろ車内での、なめこ栽培キットに夢中。

なんとか中華街に到着して、
かなり遅めのランチでした。
にしても、小龍包にフカヒレスープ、
ビーフン炒めにタピオカミルクに...
どれも至福においしかった〜。

そんなこんなで帰路についたのですが、
楽しい時間が過ぎるのは、アッと言う間。

ま、しばらく息抜きできたし、
また、今年もガンバろ〜っな
元気を貰った4日間でした!


*Fujii@Okinawan Style*
posted by オキナワンスタイル at 00:40| Comment(2) | TrackBack(0) | で、物見遊山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

九州縦断ツアー おまけ

というワケで、大急ぎだったし
お天気もビミョーな九州旅行でしたが、
久しぶりに気持ち的にゆっくりできたし
家族みんなで過ごせたし、楽しかったです♪

そんな旅先の花やら。
天気が悪いなりにいい感じの風景に
巡り会えたので、おまけ。

DSC_7968.jpg

DSC_7978_02.jpg

DSC_7979.jpg

DSC_8000_02.jpg

DSC_8047.jpg

DSC_8051.jpg

DSC_8071.jpg

DSC_8109.jpg

DSC_8131.jpg

DSC_8134.jpg

DSC_8135_02.jpg

DSC_8138.jpg

DSC_8171_02.jpg


*Fujii@Okinawan Style*

posted by オキナワンスタイル at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | で、物見遊山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GWの九州縦断ツアー

少し前から九州新幹線に乗ってみたく、
5/1〜5/3の日程でお子&ばーばと
九州縦断の旅に出かけてきました。

DSC_7961.jpg
今回、ソラシドエア初体験。
機体の爽やかグリーンやロゴもかわいい。
アテンダントの制服もいい感じでした↓
ソラシドエアの機体&ロゴ&ユニフォーム
で、沖縄本島を目下にいざ九州へ〜。

DSC_7981.jpg
鹿児島空港に到着後、知覧武家屋敷へ。
実際に今でも人が住んでいるお屋敷のうち、
7軒の庭園を見学することができます。

DSC_7997.jpg
山々の連なりをイメージした枯山水が
ここいらのお屋敷群では圧倒的だそうで、
写真は西郷恵一郎庭園。
独特の雰囲気をかもしだしています。

DSC_7991.jpg DSC_7998.jpg
住人の方とお話ができたり、
家宝が飾ってあったり、お宅ごとの
趣向もいろいろ。

DSC_7984.jpg DSC_7985_02.jpg
ちなみに石垣の石の大きさで
その家の位の違いが分かるそうで。
大きな石を削って積むのは、それなりに
お金も技術も必要だったんでしょうね。

その後、知覧特攻平和会館へ。
ここは、大東亜戦争の末期に沖縄に向けて
飛び立って行った特攻隊員の基地、
知覧飛行場の跡地に立てられた資料館。

施設内は撮影禁止なのですが、
当時の戦闘機や報道写真、さらに10代後半〜20代前半の
若者が大半だった隊員の遺書など、
数多く展示されてて、言葉を失います。。。
知覧特攻平和会館

DSC_8008.jpg
その後、この日の宿泊場所、
鹿児島東急ホテルへ。
夕食は、さつま揚げやきびなごや
カンパチに豚骨煮にと名物料理を満喫。

DSC_8016.jpg
明けた翌朝の部屋から見えた風景。
このホテルは桜島が目の前に見えまして。
冴えない天気のなか、一瞬覗いた桜島全景。

DSC_8025.jpg
で、鹿児島港からフェリーで15分の桜島へ。
護岸には、こんな風景も。

DSC_8042_02.jpg DSC_8037.jpg
桜島到着後、まずは有村溶岩展望所。
1946年、昭和の噴火で流出した溶岩原です。
群生する松はどれも1mくらい。
川のように見える岩の合間はすべて火山灰。
うっすらと硫黄のような臭いも立ちこめてます。

DSC_8044.jpg
遊歩道にも火山灰。

DSC_8046.jpg
点在するコンクリートのトンネルはシェルター。

昭和の噴火から70年近く、
まだまだ再生途中に見える風景に、
自然の猛威を感じます。

DSC_8049.jpg
その後、黒神埋没鳥居。
3mあった鳥居が、大正3年の噴火で
埋もれてしまったそうで、今では
頭1mほどが地上に出てる状態。

DSC_8032_02.jpg
国定公園に指定されている桜島
景観を損なわないようにと、屋根の色や
ガードレールの色なども規制があるそう。
で、日本にだたひとつらしい茶色いローソンサイン。

DSC_8057.jpg
桜島を堪能した後は、鹿児島中央駅へ。
いよいよ九州新幹線体験です。

DSC_8062_02.jpg

DSC_8064.jpg
今回は、鹿児島ー熊本間の1時間ほど。
発車時間ギリで車体の先頭を撮れなかったけど、
乗ったのは、さくら408号。800系の
スタイリッシュボディ
です。
普通席でも車内はかな〜り広々&快適。

ちなみに鹿児島ー熊本間は外の景色は
あんま見れなかった〜っ。

DSC_8068.jpg
お昼は駅弁。
九州うまかもんチョコチョコいろいろが
入ってました。

DSC_8075.jpg
熊本1発目は、熊本城。
周囲10kmだとか...デカっ。

DSC_8079.jpg
GW特別公開だという本丸のこんな広間も。
全室ふすま全開にすると100畳だかとか。
「殿〜っ」と走り抜けたくなります。

DSC_8085.jpg
本丸にはその他にもゴージャスな展示が。
この天井画は金箔の下地に岩絵の具で
花々を書いたもの。

DSC_8092.jpg
さらに天守閣へ。
入口には、築城した加藤清正家の御紋と
その後、11代続いたという細川家の御紋が。

細川の御紋と似た芥子蓮根は
昔は門外不出のレシピだったそうです。

DSC_8104_02.jpg
んで、登ったどー!大天守閣。
殿は毎日こんな感じで下々の世界を
見下ろしてたんですかねぇ。

DSC_8113.jpg
おやつはいきなり団子。
季節の味、桜風味にしてみました〜。

熊本城を後にし、2日目の宿は
阿蘇の内牧温泉 阿蘇プラザホテル。

DSC_8127.jpg

DSC_8129.jpg
夕食までに少し時間があったので、
周囲を散策。
立派な鯉のぼりが飾ってあったり、
熊本のマンホールを発見したり。
熊本のマンホールは阿蘇山と牛とツツジです。

DSC_8141.jpg
夕食はその阿蘇のあか牛もいただきました。
赤身の割に柔らかく、胃もたれしなくてオイシい!

ホテルというより温泉宿がしっくり来るこちら。
料理も爆ウマだし、温泉も充実でよかったなぁ。

DSC_8143.jpg
翌朝は、阿蘇の大観峰へ。
世界レベルのカルデラはスゴいです。

DSC_8147.jpg
なんて景色を見た5分後にはこれ。
山の天気は変わりやすいとは聞きますが、
山を経験したことがない沖縄人的には驚愕です。
しかも寒い〜っ。

DSC_8150_02.jpg
で、こっから天気はドタ崩れの
九重夢大吊橋です。

DSC_8158.jpg
日本一の人道吊橋からは、360度のパノラマで
雄大な景色がお楽しみいただけるそうですが...
なんも見えなかったっす〜。泣き。

ま、でも、高さ173m、長さ390mの恐怖感は
味わわずに済んだなと...↓
九重夢大吊橋

DSC_8164.jpg
ここから、熊本を後にし、大分へ。
湯布院に向かってたどり着いた金鱗湖。
美しス。

DSC_8180_02.jpg
湯布院散策前にお昼で行ったのは
十割蕎麦 温川(ぬくかわ)
オイシかった&満腹。

その後の散策で、湯布院にはトイレがないっと
聞いていたにも関わらず、お子が案の定、
「トイレ行きたい...」と。。。
けっきょくトイレ探しにほとんどの時間を費やし、
ほぼお店は見れず、雰囲気を楽しみました...苦笑。

癒やしの里でドタバタし、アッと言う間に
気づけば最終目的地の福岡空港だったような。

DSC_8185.jpg

DSC_8186.jpg

DSC_8197.jpg DSC_8198.jpg
そんな福岡空港では、出発が30分遅れ。
時間があったので、送迎デッキに行ってみたら、
ギャラリーなんかもあってスゴい充実。

夕暮れの空港を存分に楽しみました。

DSC_8260.jpg
そんな今回のお土産は、
熊本の完成度高いゆるキャラ「くまモン」の
クリアファイルと、初日のお昼に寄った
焼酎会社の見学施設で売ってた
チェコスロバキアの木彫りの鳥さんです。


*Fujii@Okinawan Style*

posted by オキナワンスタイル at 01:05| Comment(2) | TrackBack(0) | で、物見遊山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

東京&福島 2012

年末年始の3泊4日。
関東あたりでとて〜も
有意義な時間を過ごしてきました!

今夜は、そんなお話。

DSCF1251.jpg
今年も宿泊は新宿。
ほとんど人通りのない暮れのこのエリアは、
ある種独特の静寂感がありまする。
夕方に到着して駅南口あたりを散策。

DSCF1263.jpg
関東在住の弟と合流した二日目。
常磐道を北上し、たどり着ける限りの福島へ。
この日の海はとても穏やかでした。

お昼がてら、いわき駅の駅ビルに。
帰りに立ち寄ったスーパーで話しかけてきた
おばぁちゃんにやたら元気をもらう。

DSCF1271.jpg
スパリゾートハワイアンズに
行きたい〜っ。とダダこねてみたが、
時間的に厳しい!と却下され
それでも湯に浸かりたいっ。と食い下がり、
たどり着いたは大江戸温泉物語

数ある浴衣の中からこの2枚。
や〜。浸かりました〜。
私は一年の疲れが癒やされ、
お子は風呂上がりのラムネと
吹き矢ゲームにご満悦の様子。

DSCF1290.jpg
DSCF1307.jpg
DSCF1329.jpg
翌日はお子の希望により
高尾山トリックアート美術館
めちゃ楽し〜な写真も撮れます。

DSCF1341.jpg
せっかくなので、高尾山にも登ってみた。
麓から途中の展望台まで、
お子は初リフト体験。
恐い〜言いながら、帰りも乗る!
って、どっちやねん!?

DSCF1342.jpg
で、1時間半のコースを経て、
登ったどー!頂上。
うっすらですが、富士山も鑑賞。

DSCF1360.jpg
アッという間に過ぎた最終日は、
日本科学未来館へ。
開館時間に行ったら、
館長の毛利衛さんが入口で
お出迎えしてくれました。感動。

DSCF1364.jpg
全部は見れなくて残念でしたが、
とりあえず、いとおか市の市民になれたし、
プラネタリムも見れたし、
ロケットのエンジンもカッケかった。

DSCF1366.jpg
DSCF1370.jpg
で、お土産。
たこやき&ロールケーキ&
アイスクリーム味の宇宙食。
それと、目の仕組みの模型。


時間がたつのが早くて、
あと3日くらい過ごせる感じでしたが、
たっぷりといい時間を過ごせて
ほんと〜に充実でした!



*Fujii@Okinawan Style*

posted by オキナワンスタイル at 23:54| Comment(3) | TrackBack(0) | で、物見遊山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

関東いとをかし2010-11 おまけ

んで。今日もなんだかんだで
余韻にひたりつつ、関東点描〜。

DSC_7798.jpg DSC_7810.jpg

DSC_7840.jpg DSC_7903.jpg

DSC_7931_02.jpg DSC_7951.jpg

DSC_7985.jpg

DSC_8007.jpg

DSC_8023.jpg

DSC_8086.jpg DSC_8096.jpg

DSC_8107.jpg

DSC_8168.jpg DSC_8307.jpg

DSC_8331.jpg




*Fujii@Okinawan Style*

posted by オキナワンスタイル at 22:45| Comment(2) | TrackBack(0) | で、物見遊山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関東いとをかし2010-11

アッという間に過ぎてしまった
年末年始。
今日からどっぷりお仕事モードですが、
ちと余韻を楽しみつつ、旅報告など。

今回は、できれば神奈川のどっかで
日帰り温泉〜っと秘かにもくろんで
いたのですが、そんな提案はアッサリ却下。
で、東京・千葉辺りを楽しんで来ました。

DSC_7834.jpg
一体何をどうしたら
こんな長い道を海中につくれるのか?な
アクアラインを初経験。
通行料も目を見張るものがありましたが...

途中の海ほたるで、人気だという
メロンパンを食べたり
試食の味にやられて千葉の新海苔を
思わず購入したり。

DSC_7852.jpg DSC_7916.jpg
で、マザー牧場
マザーファームツアーで
羊やアヒル、アルパカに餌やり。

ツアー終了後にお子が頼んだ
ホットミルクを一口だけ味見したら、
牛乳苦手だけど、甘かったっ。

DSC_7954.jpg DSC_7978.jpg
DSC_8077.jpg DSC_8062.jpg
「ドイツに行くぞ!」と言ったら、
「日本語通じるの?」とお子が
心配した東京ドイツ村も千葉にあり。

いい感じの夕暮れを眺めつつ
観覧車に並び、250万球だかの
イルミネーションをまずは上から鑑賞。

さらに園内を歩いて回ると
またアナザーワールド。
んっごい寒かったけど、
カメラマン的にもこういう光の
演出を見てるのは楽しすぎ。。。

DSC_8130.jpg
あとお子の希望によりお台場へも。
東京ジョイポリスで5時間を費やし、
爆音で頭ヘロヘロ、UFOキャッチャーの
センスのなさに落ち込みつつも
パスポートで回れるアトラクション楽しい。
SEGAの3Dムービーもよかったです。

DSC_8139.jpg
並びにあるソニー・エクスプローラサイエンスに
向かう途中の風景。
スズメは肉やパスタよりも
ケーキがお好みらしい...
さらに立ち止まって、
大道芸など鑑賞。

あ。ソニー・エクスプローラサイエンス
ここの展示もめちゃめちゃ楽しい!
企画展では、3Dカメラで撮影した画像を
3Dテレビに写し、3Dメガネで見ると
どうなる?的な3D最先端な展示を
やってました。

DSC_8171.jpg DSC_8194.jpg
完成前に見ておきたかった
スカイツリーも物見遊山。
だいぶスリムな塔です。
水族館&プラネタリウム大好き的には、
完成後も楽しみですけど。

DSC_8271.jpg DSC_8313_02.jpg
そして最後は東京タワー
多分小学生以来なので、数十年ぶり。
それでもこの塔は記憶のまんまの
存在感でそこにあったです。

しかも!当時知らなかったのか?
なかったのか?な蝋人形館!
「東京だよ おっかさん」な場所に
60~70年代ロック物が集結してたのには、
ほんとビックリでした。
いいな〜。味があるな〜。

などと。
なかなかどして、古きも新しきも
訪ねて楽しな数日でした。



*Fujii@Okinawan Style*

posted by オキナワンスタイル at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | で、物見遊山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

夏休みでハブ・クワガタ・ゾウガメ

どっかり夏休み中のお子。
楽しいお出かけもたまには
連れてかなきゃなぁ〜と聞いてみたら、
クワガタが釣りたい...と
おきなわワールドの
夏休みイベント
をご所望。

クワガタって釣るものだっけか?と
若干の疑問を胸に秘めつつも。
ま、出かけてみた。

DSC_5302.jpg

まずは、なんちて自由研究を
兼ねてハブ博物公園へ。
赤ハブの突然変異らしい
こんなピンクのハブが。。。
なんか、このところ
個人的にピンクづいてるような。

DSC_5296.jpg

っっシャ〜。いざお楽しみ〜な
釣り中のお子。
かなり本気オーラが漂ってます。
で、この"釣り"をやると
必然的にクワガタ1匹が
貰えるらしく...今我が家に...
ちゃんと面倒見られるのかなぁ...

DSC_5286.jpg

その後、昆虫展示を見て回る。
子らに絶大な人気の
ヘラクレスオオカブト(記念撮影用)。

バイトのお兄さんに
このカブトムシはどこから来たの?
と聞いたら、「業者さんから...」と
かなり迫真をつく回答を貰ってしまう。

目的はけっこう達したので、
あとはボチボチ園内を散策。。。

DSC_5305.jpg

ゾウガメと戯れるもいとをかし。

DSC_5306.jpg

草食で長寿らしいゾウガメさん。
その辺に落ちてる木の葉っぱを
与えると、ワシワシ食べます。

で。綿素材の私の服にまでパクッと。
や、確かに植物系ではあるのだけど、
何ともご勘弁を〜っ。。。

DSC_5301.jpg

そこら辺でセミの抜け殻を
見つけたり。

DSC_5331.jpg

で。この中にハブ混じってても
絶対分からないよな〜ってな
ガジュマルの根っこに
ビビったり。

なかなか楽しかった一日。
お子も楽しんでたようで、
や〜。よかったよかった!


*Fujii@Okinawan Style*

posted by オキナワンスタイル at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | で、物見遊山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

久高島かなさんどぉ 02

で、今日はGWに行った
久高島のお話の続きです。

目を惹いた自然などなど。

DSC_6563_02.jpg
船から見たダークブルーと
白波の沖縄っぽくない海。
そういや、沖縄本島と久高島は
ちょっと気温差がありました。

DSC_6609.jpg
お泊まり先の庭にひっそりと
しかし確かな存在を主張する
真っ赤な花。

DSC_6623.jpg
民家の脇のふくぎの木の幹に
びっしりと生えたコケ。

DSC_6631.jpg
車両侵入禁止の石柱の上。
貝殻に植えてある
サンセベリア。

DSC_6637.jpg
島一番の大通りの
脇でみつけたハイビスカス。

DSC_6640.jpg
牛。

DSC_6649.jpg
ちょっと本気にヤシガニを
探してしまったアダンの木。

DSC_6685.jpg
散歩で行ったロマンスロードの
先にある海岸。
曇りでこの透明度はヤバい。

DSC_6763.jpg
早朝の道。

DSC_6777.jpg
早朝の海。

DSC_6827.jpg
道なき道で空を見上げる。

DSC_6832.jpg
道なき道で地を見つめる。

DSC_6833.jpg
道なき道から道を見いだす。

あ、それと。
今回初対面だった
沖縄の海をこよなく愛する人びとに
酔いのつれづれに聞いた話の覚え書き。

海を深みへ深みへと降りてゆくと、
とある地点で、
なぜに魚がエラ呼吸するように
なったかが分かるらしいのです。


*Fujii@Okinawan Style*

posted by オキナワンスタイル at 22:55| Comment(2) | TrackBack(0) | で、物見遊山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

久高島かなさんどぉ 01

今年のGWの一番のお楽しみのお話。

ありがた〜いお誘いをいただき、
久高島に初めて行ってきました。

DSC_6549.jpg
本島からフェリーで25分ほど。
本島側にある安座真港の
船客待合所の壁はアートな感じです。

DSC_6574.jpg
で、たどり着くのが久高港。
海と空と草木しかないというのが、
この島の第一印象ですが、
第二印象も第三印象もそんな感じ。

DSC_6586.jpg
参加七家族、一同揃って
トコトコと滞在先へ向かう。
キッズのテンション↑↑↑。

DSC_6604.jpg
宿泊先の知人別宅。
赤瓦屋根と庭の風情が
とて〜もいい感じ。

DSC_6608.jpg
大人たちのなんだかんだの間。
庭先に敷き詰められた珊瑚に
キッズ、やけに盛り上がるの図。

DSC_6651.jpg
レンタサイクルもあるのですが、
ちっちゃい子多々だったので、
徒歩で島散策。てか、けっこう歩いた。。。
最年長のお子も見えないとこで、
ちょっと休憩っ。
さすがにキッズはお疲れだったかも。

DSC_6732.jpg
おんぶしたり、だっこしたり、
なだめたり、すかしたりの
母さんsも海を眺めつつちょっと休憩。

DSC_6692.jpg
かと思いきや、意外に
疲れを知らないやんちゃぶりな
あなたったら。。。

DSC_6745.jpg
なんとか家に戻り、
みんなの空腹も絶好調な頃合い。
この日の夕ご飯は庭先で作る
"男の手料理"!
(注:若干のやらせあり...)

DSC_6746.jpg
さらに、シュノーケリング組の
収穫も登場!

DSC_6752.jpg
シンプルに焼く。
みんなで一口づつ食べたけど、
ウマかったな〜〜〜。

DSC_6747.jpg
キッズも遊んだり、こぼしたり、
何かごねたり、眠くなったりしながら、
みんなで食卓を囲む。

DSC_6612.jpg
や。大人のメインは
どっちかつーと、こっちだったかな?

DSC_6755.jpg
とにもかくにも。
さらなる花火三昧で夜を満喫しながら、
つれづれなるままにそれぞれ就寝。

DSC_6805.jpg
翌朝、一便で戻らなければ
ならなかったうちら親子は、
早起きして島を案内してもらい。

早朝の海がまたステキだったんですが、
その辺りはまた次回、自然編みたいな感じで、
ボチお届けしたいと思います!


*Fujii@Okinawan Style*

posted by オキナワンスタイル at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | で、物見遊山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

鍋に花見にミカン狩り

なんか去年の暮れから
風邪ばっかりひいてて、
気合いが足りんと思いつつ、
お久しぶりの更新です。。。

先週は、久しぶり&突然に
大阪から友人がやってきまして。
で、あれよあれよという間に
帰っていきました。

DSC_2003.jpg

まずは、関係者モロモロ集って
鍋で乾杯。
ワイワイとみんなで食べるご飯は
楽し&オイシでした。

DSC_2002.jpg

買い出しで行った魚屋さん。
店頭に毎日「テーマ」が
掲げられることで有名ですが、
この日のテーマも
う〜ん、世相を反映?

DSC_2012.jpg

どっかりと晴れた翌日。
気温もかな〜り上昇で暑い。
ので、桜祭りが始まってる
本部町まで足をのばし。

桜の名所 八重岳の
お楽しみのひとつ。
頂上付近でやってる
五平もち屋さんが道々立ててある
いろんな標語?俳句?鑑賞。

DSC_2027.jpg

今年の一番のお気に入り。
ってか、めじろさんっ。
「ほうばる」んかいっ!

DSC_2025.jpg

桜は今週末あたりが見頃か?
まだつぼみの固いやつが
ほとんどでした。

DSC_2007.jpg

八重岳頂上付近で、今回
はじめて目にした
本部八重岳桜大明神のみなさま。

あ、宗教的意味合いは
ないそうでございます。

DSC_2032.jpg

気の早い桜をちらほら
見ながらのお散歩も心地よく。

DSC_2041.jpg

その後、知り合いのタンカン農家
長嶺農園
さんで、ミカン狩り。

という感じで友人案内ついでに、
今年も冬のヤンバルの
定番レジャーも満喫でした。


*Fujii@Okinawan Style*

posted by オキナワンスタイル at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | で、物見遊山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

陶器市に忘年会と

年内になんとかせにゃーいかん
なモロモロもまだありますが、
昨日は一日、完全放棄。

行けるかなぁ〜と言いながら、
けっきょく毎年hotさんと
くり出す読谷山焼陶器市へ。
これまた毎年お約束のように
道を間違えながらたどり着き。

DSC_0121.jpg
今年は品数は少なめかな?と
思いましたが、好みの器は多々。
安いとはいえ、ま、そこそこの
お値がしますので、まずは目の保養。

DSC_0134.jpg
会場の「やちむんの里」は
いろんな窯元が工房を構えてます。
共同売店の脇のいい感じな空間。

DSC_0163.jpg
最近は、あまり火を入れる事が
ないという登り窯の空気穴。

DSC_0202.jpg
今年は私もhotさんも予定以上に
買い込んでまして、お互いの成果を
さっそく駐車場で披露の画。

DSC_0225.jpg
個人的に今年一番の
というか過去最高のヒット3点。
この質感とか色みとか...たまらんっ。

DSC_0152.jpg
沖縄で珍しく紅葉する
クワディーサの葉っぱとか...

DSC_0194.jpg
ジョン(仮)にも出会い。

DSC_0212.jpg
お昼は都屋漁港の海人食堂で
もずく丼(500円)を堪能し。

DSC_0217.jpg
夜は、忘年会で溶かしバターの
海で心地よさげなじゃがいもを
いただき。

すごい久しぶりに仕事以外で
写真を撮ったり、取材以外で
美味しいものを食べたり、
とりとめもない会話を楽しんだり。

や〜、このまま正月モードに
突入してしまいそうで、怖いス。


*Fujii@Okinawan Style*

posted by オキナワンスタイル at 23:29| Comment(2) | TrackBack(1) | で、物見遊山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

芸術の秋的な休日

先日、お仕事先に向かう途中に
通りがかった「むら咲むら」。
そういや行ったことないなぁ...
何て思ってたところ。

お約束で夏休み中には
どこも連れてってあげられない
母なので、連休中の本日、読谷村へ。

読谷の清流舎でよもぎ沖縄そばをいただいてます♪

TAG タグが設定されていません。

2009/09/21 12:27 posted by フジ〜

Powerd By Pasha from urumax [もっと見る]


お昼に清流舎の沖縄そば。
かな〜りあっさり味ですが、
怒濤に肉三昧の
このところだったので、
身体に染み入る優しいお味。

DSC_3324.jpg
むら咲むらに入ると
まず目につく
目標1,000体のシーサーたち。
これはわりと勢いで押す系。

DSC_3338.jpg
園内には住ネコも多々。
犬同伴で来てるお客さんも
多かったな。

で。こちらは、NHKの「琉球の風」の
オープンセットで使われてた場所が
今はその数100を超える体験工房に
なってるようでして。

むら咲むらでお子が万華鏡作り体験。楽しい♪

TAG タグが設定されていません。

2009/09/21 14:57 posted by フジ〜

Powerd By Pasha from urumax [もっと見る]


まずはお子が万華鏡作り体験。
一眼より携帯カメラの方が
撮りやすいよと教えてもらい
やたらお子と奪い合いながら
撮ってみたの図。

DSC_3339.jpg
私はこんなのを体験。
作業過程をドキュメンタリー
タッチで描くとウニョ&
ブツブツ&ややキモな
感じではありますが...

DSC_3356_02.jpg
仕上がるとこんなTシャツに。
まったりと1時間ほどかけた
単純作業が個人的に癒された。

DSC_3344.jpg
ここはなぜか銭湯もあり。
ゆったりお湯につかった後に
見上げた空がまた良く。


次はあの体験とあの体験で
また行ってみたいと思いつつ。

今度は、いつ行けることか?

*Fujii@Okinawan Style*

posted by オキナワンスタイル at 23:07| Comment(2) | TrackBack(0) | で、物見遊山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

阿嘉・座間味かなさんどぉ おまけ

さて。
阿嘉島&座間味島撮影旅行の
お話も最終回のおまけ編。

両方の島で印象に残ったものたち。
ざっくばらんにいってみます。

IMG_8956.jpg
阿真ビーチで見つけた
水タンクは座間味名物の
くじらさんの絵入り。

IMG_8941.jpgIMG_8954.jpg

あの子に会いに阿嘉島から
座間味島まで泳いで渡ったことで
映画にもなった犬たち。
シロとマリリン。

シロ(オス)は阿嘉島に
マリリン(メス)は座間味島に
それぞれ銅像があります。

両島間を泳いで渡るの
個人的には絶対ムリっ!なので、
敬意を込めて、対面させてみた↑

IMG_8918.jpg IMG_8936.jpg

DSC_8135.jpg DSC_8655.jpg

そして。今回の旅で一番の
めっけもの。
座間味村の3種類の汚水マンホール!

阿嘉島ーケラマ鹿(2バージョンあり)
慶留間島ーケラマ鹿&高良家
座間味島ーくじらのしっぽ

情報提供 by 阿嘉島の宿「シードルン」さん
こちらの宿のスタッフのみなさまには
ほんと〜によくして貰い、感謝です!

という感じの今回の旅でした。

おお〜。島が呼んでいるっ。などと
やたら天気のいい今日この頃の空を
見上げつつ、あちこちで目にした
草木で締めたいと思います。

IMG_8917.jpg

IMG_8920.jpg

IMG_8921.jpg

IMG_8929.jpg

IMG_8923.jpg

IMG_8957.jpg

*Fujii@Okinawan Style*

posted by オキナワンスタイル at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | で、物見遊山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

阿嘉・座間味かなさんどぉ03

ちょっと間が開きましたが、
阿嘉・座間味島
撮影旅行のお話の続き。

二日目の朝は早めに起きて、
ちょっと写真撮りに行った後、
宿の朝ご飯。

IMG_8945.jpg
こうして、一人ひとりの分を
テーブルに持ってきてくれる
スタイルの宿ご飯は久しぶり。

IMG_8947.jpg
名残惜しくも、この日は8時発の
座間味村内航路「かしま」で
座間味島に向かう事に...

こんな小さな船でもアッという間。
15分ほどで座間味島に到着します。

IMG_8948.jpg
レンタカーを借りて、那覇からの
船が着かないうちにたどり着いた
座間味島一番人気の古座間味ビーチ。

この日も快晴で、リゾートチックな
パラソルの青も眩しい。

IMG_8963.jpg
その後、島の東側へドライブ。
キャンプ場やバンガローもある
阿真ビーチへ。
ビーチの入り口近くにある建物。
個人的に郷愁だったのでパシャリ。

IMG_8962.jpg
古座間味ビーチとはうって変わって
阿真ビーチは人影も少なく。
パラソルもほとんどなく。

ここで、最近の島撮影恒例の
作り込み系などじっくり撮影。

IMG_8960.jpg
hotさん、砂浜でダッキー激写の図。
この旅のねらいだったようで、
撮影小物の間にしっかり偲ばせて、
持ってきてました!


過去数回の島撮影で、お昼時を逃すと
昼ご飯にありつけない事を
痛い程学んだホットプランスタッフ。
この辺りで一旦、座間味の集落に戻り。

IMG_8966.jpg
この日のお昼は、
和山海雲(わやまもずく)で
もずくそば。

もずくを練り込んだ沖縄そば風麺。
このだしはなんと日本そば風。
ちょっと斬新な味でした。

IMG_8969.jpg
腹ごしらえの後はふたたび東海岸へ。
ドライブしながら、展望台巡り。
神の浜展望台、女瀬の崎展望台など。

神の浜展望台からは、座間味村の島々が
たくさん見れて圧巻。↑は、X入りです...
見たい方はぜひ、行ってみてください。

IMG_8973.jpg
で、最終目的地。トウマの浜。
浜に向かう道はこんな感じ。

IMG_8975.jpg
そこを抜けると現われる風景。
ここは、ビーチと言うより、
まさに「浜」という表現がふさわし。
ひとっこ一人いなくて、
座間味の自然を満喫。

この後、古座間味ビーチで
シャワーを浴び、まさにギリっって
タイミングでレンタカーを返し。
船で那覇に戻りました。

という感じで今回も楽しかった
島撮影旅行。
おしまい。おしまい。

と思ったのですが...
本筋とはあまり関係ない辺りの
"いい感じ"もやっぱ、この後、
おまけで紹介してみよっかとも
思っていますです。


*Fujii@Okinawan Style*

posted by オキナワンスタイル at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | で、物見遊山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

阿嘉・座間味かなさんどぉ02

さて。続きの島撮影旅行。
阿嘉島での午後を
バギーで散策の巻&その後です。

IMG_8919.jpg
阿嘉島でまず目を引いたのが
こういう感じの岩肌。
知ってる限り沖縄本島ではほぼ
目にしないような...
これは、慶留間島と阿嘉島をつなぐ
阿嘉大橋のふもとでみたやつ。
海岸沿いがこんな感じの岩場でへぇ〜。

などと感心しつつ、バギーを走らせた...

IMG_8925.jpg
国指定重要文化財の高良家。
公用船の船頭さんの家だったそう。
建物の柱やまわりの石垣に
空襲時の弾の跡なんかも...

IMG_8928.jpg
かと言って、そんなヘビーな
雰囲気でもなく、ゆる〜い感じで
屋敷を見学し、こんなカンカラ三線も
弾きたきゃ勝手に弾いてねってな風情。

慶留間島の重要文化財高良家にある扇風機。管理しているオジーがガードの金属を一本おきに折ったそう。この方が涼しいらしいのだが、おもいっきり指が入る・・・。

TAG 慶留間島 重要文化財 高良家住宅 扇風機

2009/07/14 15:40 posted by フジ〜

Powerd By Pasha from urumax [もっと見る]


それは、ここを管理しているオジーの
ゆる〜い人柄のおかげかと。。。
やたら、昼寝していけと言うオジーと
思いっきりまったりと過ごしてしまいました。

おお〜、いかんいかんと。
旅を進めることにして、
ケラマ空港のある外地島へ。

無人の空港でトイレを借りたり、
展望台に登って景色を満喫した後、
再び阿嘉島中心部へ戻る。

IMG_8930.jpg
水分補給のために立ち寄った商店で
hotさんがおやつに買ってくれた
アイスの実。五臓六腑に染み渡るウマさ。

IMG_8934.jpg
元気回復後、向かった先はヒズシビーチ。
夕日がいいらしいですが、
明るいうちはほとんど人がいません。
こういういい感じの木陰もあり、
いろいろ写真も撮りました。

IMG_8933.jpg
人がいない=活動しやすい
と考える輩は他にもいるようで。
こんな巨大ヤドカリに遭遇。
アダンの実が無惨にも
食い尽くされていくその様子には、
もはや自然の猛威さえ感じます。

IMG_8937.jpg
そんなこんなで戻ったこの日の宿。
シードルンさん。
夕食は野外でのバーベキュー。

IMG_8938.jpg
やはりこういう場所では
地元のビールが断然ウマい!

とかなんとか、いい気分になり、
この後、夕日撮影か?と迷ったですが、
本島では絶対見れないケラマ鹿を
求めてナイトツアーに参加する事に...

DSC_8100.jpg
ほぼ100%見れると言われたのですが、
実際、120%ほど見れたような。
ソーッと近づくとかなりの距離まで
接近できるし。や〜。写真はビミョーですが、
見れた事実に感動。

DSC_8114.jpg
このナイトツアーはかなり内容充実で、
その他にも夜光虫をはじめて目に。
そして、見上げた空には満点の星。
こういう事のために普段頑張ってて
よかったなぁ的無口で見上げました。

そんなこんなで宿に戻って、爆おやすみ。


*Fujii@Okinawan Style*

posted by オキナワンスタイル at 23:36| Comment(2) | TrackBack(0) | で、物見遊山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

阿嘉・座間味かなさんどぉ01

行ってきました島撮影。
今年もとても楽しい&
充実の1泊2日。

今日もまだ気分は島ハイですが、
落着くためにも旅の覚え書き。

IMG_8907.jpg
朝9時発の高速船クィーンざまみ。
乗り場を間違える的
ホットプランならではのハプニングに
あせりつつも無事、乗船。

IMG_8908.jpg
この日の目的地、阿嘉島まで
1時間ほどの船旅。
窓から眺める空模様も抜群で
いやがおうにもテンション上がり、
でもちょっと船酔い...

IMG_8909.jpg
港で出迎えて貰って宿に寄った後、
まずはニシ浜ビーチへ送って貰う。
車の中でほぼタメ口的に話していた
おじさんがとても楽しい方。
その後、この宿の社長と判明し、
も〜、先に言ってくださいよ。

IMG_8912.jpg
で、ニシ浜の海。
海岸いっぱいにサンゴや貝殻。
空も海もサイコー。

IMG_8914.jpg
海岸をウロウロ写真撮った後、
お昼はニシ浜のパーラーくばへ。
こういう感じのあったかい店。

IMG_8915.jpg
タコライスと沖縄そば。
タコライスのレタスがぶつ切りで
これがなかなか目からウロコ、
かつウマい!

ちなみにこのメニューを作ってくれた
とても気のいいお兄さんとは、
その後、数回あちこちで出くわすのだが、
そうとは知らずにちと別れを惜しんだり...

IMG_8935.jpg
午後からは、慶留間島や外地島まで
足をのばすためにバギーをレンタル。

IMG_8922.jpg
このバギーってのは、特殊車両らしく
ナンバープレートが青いです。
車検や保険はバイクと同じで、
でも乗るには普通免許が必要。

IMG_8932.jpg
途中でギアが抜けたり、
サイドブレーキがビミョー
だったりのクセのあるやつですが、
こうして段々ウマい付き合い方を
憶えてきます。楽しいぃ〜。


という感じでバギー散策は続く...


*Fujii@Okinawan Style*

posted by オキナワンスタイル at 23:16| Comment(4) | TrackBack(0) | で、物見遊山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

やんばるかなさんどぉ05

ずいぶん引きずってる
やんばるツアー報告。
もうGWも終わりそうですが、
ついに最終回。

比地大滝での早朝ハイキングを
楽しんだあと、喜如嘉に。
目的はこれを見るため...

_DSC3258.jpg
圧巻のオクラレルカ畑。
北海道には行ったことないですが、
北海道を思わせる景色。のどかぁ。

_DSC3229.jpg
花を愛でつつ歩くに、
こんな案山子。
ほのぼのぉ。

_DSC3232.jpg
カエル案山子その2。
これは、地元の保育所が
作ったらしいです。ケロケロ。

_DSC3241.jpg
個人的に一番のお気に入りな
スカーフ巻いた虚無僧もどき。
ちなみに作者不詳。

_DSC3265.jpg
畑の合間の一角には、
こんな「自由席」も...。
テーブルの上には花も飾ってあり。

DVC00022_02.jpg
青空の下で見つけたクッキー屋さん。
スウェーデン出身の喜如嘉んちゅー
ボーさんの作るココナツクッキーは
ソフトな食感。ジミーのよりスキです。

_DSC3279.jpg
気の早い(これは4月の頭の話...)
鯉のぼりもキモチ良さそう。

などと喜如嘉のオクラレルカ畑を
楽しんで、すっかりお腹も
空きまして...

道の駅おおぎみにある「ふるさと農山漁村食堂」で海ぶどう丼でお昼ご飯。

TAG 大宜味村 道の駅 おおぎみ ふるさと農山漁村食堂 海ぶどう丼 ランチ

2009/04/07 13:12 posted by フジ〜

Powerd By Pasha from urumax [もっと見る]


お昼は道の駅おおぎみの
長い名前の食堂で海ぶどう丼。
価格も確か600円台で大満足。

_DSC3284.jpg
で、食後、道の駅おおぎみで
お野菜など物色。
ファンキーヘアな大根とも出会い。

帰路、許田や恩納村の道の駅など
覗きつつ、春のやんばるツアーは
幕を閉じたのでありました。


*Fujii@Okinawan Style*

posted by オキナワンスタイル at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | で、物見遊山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

やんばるかなさんどぉ04

ぼちぼち行ってますが、
先日のやんばるの旅報告の続き...

今日は、比地大滝散策中に
出会ったやんばるの生き物たち。

森に入ってすぐに聞こえて来た
トントントンという音。
しょっぱなから特別天然記念物の
ノグチゲラに遭遇!
写真撮れなかったのがとても残念ですが、
いやがおうにもテンションUP〜。

_DSC3048.jpg
で、進むに。
頭上からツツーっと垂れてきた
なんか緑色がきれいな毛虫。

_DSC3043.jpg
足下をカサカサとゆく
シリケンイモリも...。
スゴい保護色ですが、
緑の葉っぱの上の方。

_DSC3190.jpg
お留守でしたが、こんな鳥の巣も...
かなりよくできてて、心地よさげ。

_DSC3177.jpg
そして衝撃のフサフサ毛虫。
体長5cm程とデカイっ。
成虫になるとさぞかしかと。汗っ。

_DSC3185.jpg
なんてワイワイ言ってると、
アカショウビンに遭遇。
シーっと望遠レンズで何とか後ろ姿。

_DSC3194.jpg
産卵の時期らしく、
シリケンイモリ再び!
そーっと。
だいぶ近くで観察でき。

_DSC3226.jpg
比地大滝から戻ったキャンプ場の
辺りで、ひらひらと舞う
イシガケチョウにも初対面。
不思議な抽象画のような模様。

画像には収められずですが、
アオスジアゲハもちらほら。

あんま気にしてなくても、
普通にこれだけいろんな
生き物に出会えるやんばるの自然に
一同大興奮でございました。

名残を惜しみつつ、比地大滝を
後にして、この後、喜如嘉に
向かうことに。。。で、最終回へ...


*Fujii@Okinawan Style*

posted by オキナワンスタイル at 21:42| Comment(2) | TrackBack(0) | で、物見遊山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

やんばるかなさんどぉ03

だいぶ間があきましたが、
春のやんばる満喫ツアー続編。

_DSC3014.jpg
プライベートリゾートオクマの
じょーとーベッドで爆睡した翌朝。
朝日とともに目にしたのは
携帯電話の鉄塔。
平坦な景色の中ではやけに目立つ。

_DSC3019.jpg
チェックアウト前に部屋の
ベランダから目にしたゴムの木。
最近あまり目にしない
かなり立派なやつ。

道の駅 ゆいゆい国頭にいるクイナくん。

TAG 国頭村 道の駅 ゆいゆい国頭 キャラクター ヤンバルクイナ

2009/04/07 09:14 posted by フジ〜

Powerd By Pasha from urumax [もっと見る]


2日目ホテルを出発し、
まずは道の駅ゆいゆい国頭。
前日にも寄ったのだけど、
この子が気になり記念撮影。

比地大滝にやってきました。入口にこんなものが・・・

TAG 血圧計

2009/04/07 09:47 posted by フジ〜

Powerd By Pasha from urumax [もっと見る]


で、その後、比地大滝へ。
だいぶ整備されてて、
子連れでも安心感漂う感じでした。

_DSC3031.jpg
道のり自体はそんなに
きつくないですが、
やけに出くわすこの表示が
若干...精神的に...
拾った木の枝で行く先を
タタキつつ進み。

_DSC3032.jpg
しかし、ここはキモチいい。
水の音が始終聞こえるし、
空気もひんやりしてます。
あ、この吊り橋はやや揺れます。

_DSC3036.jpg
で、同行者から揺れる〜と
クレームをウケつつも
橋の上から望む眼下の風景撮影。
しかし、ここはキモチいい。
生き物の鳴き声も始終聞こえます。

_DSC3054.jpg
滝も近づくと、ちょこちょこ
こういうミニ滝みたいなのも
目にするように...

_DSC3078.jpg
で、滝のふもとに到着〜
のポーズのお子。
岩の上にたたずんで、
まったりとするもまたよし。

道々出会った生き物たちの
ご紹介は次回に!
まだ続くの...


*Fujii@Okinawan Style*

posted by オキナワンスタイル at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | で、物見遊山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。